#
1st step 2nd step other other #
三浦直人・みうらなおと
三浦直人

#
YAHOO
#
モトサヤ.com〜復縁の恋愛学〜バナー
#

復縁に失敗した人へ

#

誰もが元サヤに戻れる訳ではありません。
元カノ・元奥さんとの復縁確率を調査した人は今のところいませんが、おそらく50%にも届かないのではないでしょうか?

ここでは、復縁に失敗してしまったあなたに、
僕からメッセージを贈りたいと思います。

まず・・・、落ち込む必要はありません!!
といったところで落ち込むと思いますが、本当にないのです。
なぜなら、恋愛とはそもそも自分を騙して成立するものだからです。

地球上には、自分と違う性の人間が30億人以上います。
その中で「この人が自分に一番合う」と自分を騙すことで
恋愛というのは成立する訳です。

30億人全員と会うことなど、できるハズがないのですから、
どこかで自分を騙さなければ、恋愛などできないという原理がわかります。

運命の人などいない

#


誰もが「この人こそ運命の人だ」と思って恋愛をします。
あなたもそう思ったからこそ、色々な復縁工作を試みたんだと
思います。
しかし、その考えは間違っているかもしれません。
運命の人など、いないのです。

もしも、「運命の人」というのが存在するとするならば、
ヒトの進化の歴史を全て否定することになります。

未来は、何も決まってはいないのです。
全ては、自分達の手で創りだしていくものなのです。

理想をあげたらキリがない

#

恋愛とは、本能的な行動だとよく言われますが、
実は人というのは、本能を殆ど封印して恋愛をしているのです。

例えば、あなただって、本能の赴くままに、本音を言えば、
「新垣結衣や綾瀬はるかと付き合いたい」となるハズです。

女性だってそうです。
「福山雅治や妻夫木聡と結婚したい」と誰もが思っています。
しかし、そういった気持ちを封印して、
「自分の恋人が一番」
と自分を納得させているからこそ恋愛ができるワケです。

例えば、あなたの元にいきなり新垣結衣がやってきて、
「付き合ってください」
と言ってきたらどうしますか?
元彼女や元奥さんのことなんて、一瞬で忘れてしまうのではないでしょうか?

そう考えると、考え方次第で、気分というのは、
どうとでも変化させられるものだということがわかります。

誰にでもある「悲劇のヒロイン願望」

#

どんな人にでも悲劇のヒロイン願望があると言われています。
つまり、センチメンタルな気分を楽しむ習性があるというワケ
です。

例えば、わざわざ失恋ソングを買ってきて聞いたり、
鏡の前でわざと哀愁の表情をするといったのがそれです。

なぜこのような習性があるのかは不明ですが、
せつない気分というのは、ある程度それをする人間が、
選択してそうなっているということだけは間違いありません。

「楽しい」という感情にしても、本人が「楽しもう」と思っていなければ、
そうそう楽しい気分に浸れるものではありません。

あなたが今、落ち込んでいるのだとすれば、
あなたは落ち込みたいから落ち込んでいるのです。
厳しいことを言うようですが、それが真実だと思います。

別に、落ち込むのがダメだと言っているのではありません。
時には、落ち込むのもいいと思います。
しかし、いつまでもそれではいけないと思います。

未来をみましょう。
そうすれば、きっと明るくなります。
過去は過去。
世の中には、思い通りにいかないことの方が圧倒的に多いのです。
「あれがいい転機になった」
と、思えるかどうかは、あなたの目線次第なのです。