#
1st step 2nd step other other #
三浦直人・みうらなおと
三浦直人

#
YAHOO
#
モトサヤ.com〜復縁の恋愛学〜バナー
#

復縁で一番大事な事とは

#

復縁で一番大事なことはおそらく、
「フラれた原因を突き止めること」だと僕は思います。
ようするに、「なぜ愛想をつかされたのか?」ということを
知るということです。

たぶんあなたは、
「そんな事いいから、手っ取り早く復縁する方法を教えろよ」
とお思いでしょうが、それではダメなのです。

なぜなら「フラれた原因」が理解できていないと、
たとえヨリが戻ったとしても、
また同じことの繰り返しになってしまうからです。

実際に、元妻・元彼女との復縁を成功させた男性の話を聞いてみると、
皆この「フラれた原因」をしっかりと理解できています。
理解さえできれば、それを改善する方法を考えればいいだけですからね。

従って、2人の関係をあなたサイドの視点ではなく、
客観的な視点で見直すことが、とても大事になってきます。

自己を客観視することが大事

#

2人の関係を客観的に見直すというのは、つまりは自分自身を
第三者的な目線で見つめなおすということです。
しかし、これがなかなか難しい作業なのです。

私たちは、他人のことはよくわかります。
一瞬すれ違った他人でさえ、
「髪型をもっとこうすればいいのに」
「服装をもっとこうすればいいのに」
などと改善点を見抜くことができます。

しかし、自分のこととなると、途端にわからなくなってしまいます。
それはひとえに私たちが、ありのままではなく、
自分というフィルターを通して世の中を見ているからです。

自分を客観的に見る能力のことを「自己客観視能力」といいますが、
この能力を鍛えることが恋愛・復縁にはとても大事になってきます。

自己客観視能力を磨く方法

#

「自己客観視能力」を磨く方法には大きく2つあります。
「経験」と「データ」です。

経験とは言うまでもなく、恋愛経験のことです。
どれほど自動車の内部メカニズムを知ったところで、
実際にハンドルを握らなければ運転はうまくならないように、
相手を操作するには、ある程度の恋愛の経験が必要です。

2つ目のデータとは、恋愛の仕組みや、女性という生き物の特性を知るということです。
たとえば「女性は生理前には超不機嫌になる」というデータを知っていれば、
彼女が突然キレても、いちいちそれに腹を立てなくて済みます。

デートをドタキャンされようが、トイレが長かろうが、
「生理だからしょうがないか・・・」で済みます。

他にも知っていた方がいい恋愛データというのは、たくさんあります。
そういう意味では恋愛には、「学科と実地」の両方があるといえます。
当サイトでも恋愛データは、ふんだんに紹介していきます。